MORI YU GALLERY

スペクタクルの社会における 神学的状況について

アーティスト:
河合政之
タイトル:
スペクタクルの社会における 神学的状況について
発表:
2001
素材等:
6 minutes DV/DVD, single channel

スペクタクルの社会(ギー・ドゥボールの概念より)における「生活」や「個人」という神話の批判。                    情報社会において、ミカドやタレントなどメディア上のイメージたちは象徴として存在しているのではなく、 消費者が参照し、同一化するための寓意として遍在している。      この作品では状況を分析し批判するためのアナロジーとして、アウグスティヌスの神学より三位一体論を応用 している。マスメディアの露悪的な模倣によって、スペクタクル社会から引用されたイメージの奔流が、スペクタクル社会それ自体の廃墟を幻視させる。

スペクタクルの社会における 神学的状況についてスペクタクルの社会における 神学的状況についてスペクタクルの社会における 神学的状況について

Follow us :

  • Facebook

Language :

English version